検索
  • 五十嵐敦史

強め

あ、何だ!?首に何か生物的何かを感じる

猫か犬か?やっぱり猫だろ!

おいおい俺は両方とも飼っていないだろう?

じゃあ一体何だったんだ?この生物的な感触は…

と思いながら何となしに

窓の方を見たら、窓が開いていた。

「あ?開けっ放しか…何か忍び込んでいた?」

「いや違うな…」

「あぁなるほど、風か。にしても強い方だな」

「あぁでも、昨日よりマシだな。いや、同じくらいか?」

「いやぁ昨日ほどではないか?無いな。ん?どうだ?」

と、ちょっと多めの独り言。

とにかく生物的な感触を感じていた原因は

窓から吹き込んでいた風だった。

おかげで猫が飼いたくなった。

ありがとう吹き込み風!!

猫飼いたいなんてメルヘンな気持ちにしてくれて!

まぁおっさんが言っても気持ち悪いけども!

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

役立つ情報感満載!と言いたいところですが 冗談半分な感じで見てください。 悪口を言って来た人は、 単に相手の気持ちが想像できない 「欠如バカ」なだけなんだと思います。 無視が一番なんです。 が、無視が効かないやつもいるんです。 そこで無視以外の悪口撃退方法を お教えます!! 頭の片隅に置いておいて欲しいです。 (あくまでも片隅でお願いします。メインではありません) 正直、出来れば試して欲しいとも思

私⋯俺⋯私⋯ ブログでは丁寧に「私」かな? いや、普段の口調みたいに「俺」かな? どうも1人称が定まりません そんな中ですね 嬉しい出来事がありまして⋯ 俺のブログを読んている人は 居ないだろうなぁ!! と、思って居ました⋯ 悲しいこと言うなよ!という感じですが⋯ 居てくれたんです! しかも友達が! 周りの人からしたら 「友達?内輪で褒めあっているだけでは?」 なんて言う人もいると思います。 それ

だめだやっぱりダメだ。 何がダメって 何でもいいからブログを書くって決めたはずなのに 更新頻度がボロカスじゃないか。 なので何かを書こうと思い、ここに書き始めました。 でもやっぱり「何書けばいいの?」って、アホ状態になってしまっている。 それでも、やはり手は動かしておくべきだ。 思考停止が怖いし、だから手を動かし 文字を書いてみれば、何かしら思い付くはずだ。 書きたい事が。 そのために作業興奮を発