検索
  • 五十嵐敦史

強め

あ、何だ!?首に何か生物的何かを感じる

猫か犬か?やっぱり猫だろ!

おいおい俺は両方とも飼っていないだろう?

じゃあ一体何だったんだ?この生物的な感触は…

と思いながら何となしに

窓の方を見たら、窓が開いていた。

「あ?開けっ放しか…何か忍び込んでいた?」

「いや違うな…」

「あぁなるほど、風か。にしても強い方だな」

「あぁでも、昨日よりマシだな。いや、同じくらいか?」

「いやぁ昨日ほどではないか?無いな。ん?どうだ?」

と、ちょっと多めの独り言。

とにかく生物的な感触を感じていた原因は

窓から吹き込んでいた風だった。

おかげで猫が飼いたくなった。

ありがとう吹き込み風!!

猫飼いたいなんてメルヘンな気持ちにしてくれて!

まぁおっさんが言っても気持ち悪いけども!

0回の閲覧

© 2020-5050 igaillust.com